陸上長距離の2代目,山の神柏原選手引退のニュース

少し前ですが,箱根駅伝で2代目山の神とよばれた陸上長距離の柏原選手が第一線を退く事を表明したという記事を見ました。
柏原選手といえば箱根駅伝5区の山登りで1年生から4年連続で区間賞を取り,特に1年の時に約5分差をひっくり返し,なおかつ区間新記録を作った衝撃は今でも覚えています。
長い箱根駅伝の歴史でも記憶と記録が残るスーパースターでしょう。
社会人になってどれだけ成長するか期待していたのですが,度重なる故障も影響してか目立った成績を残す事が出来ないでいました。
復活を待っていたのですが27歳にしての引退は残念でもあります。
柏原選手は山登りだけ強いのではという声もありましたが,高校3年時で全国都道府県対抗駅伝1区の区間賞を取った走りもテレビで見ていましたし,大学時代のトラック競技でも日本人1位の常連でしたから,走力は万能だったと思います。
箱根駅伝を競技の目標とする選手は多く,いわゆる燃え尽き症候群になるケースもあるのでしょうが,人生も目標も人それぞれ悔いなく生きて欲しいものですね。お金 借り れる