火成岩のことや二酸化ケイ素などについて学習

火山について訓練をしました。マグマの中で鉱物がクリスタルやる(晶出する)状態、各鉱物の外形はクリスタルがOK訓練できればクリスタル面で囲まれた自フォームとなります。しかし、たくさんの鉱物が共にクリスタルしたり、他の鉱物の隙間まを埋めてクリスタルするような場合には、クリスタル面で囲まれたフォームになることはできません。そんなフォームを他フォームといいます。鉱物の自フォームや他フォームに注視すれば、マグマの中での鉱物のできたフローを多少推定することができます。火成岩はその編成の大小や、化学組成・鉱物組成の大小により分類されます。岩石の化学組成は、一般に酸化物品の質量%で表されます。岩石中にとりわけ数多く含まれているのは二酸化ケイ素だ。火成岩は二酸化ケイ素の体積によって、その多い産物からより酸性岩(珪長素材岩)・中性岩・塩基性岩(苦鉄素材岩)・超塩基性岩(超苦鉄素材岩)に区分されていらっしゃる。二酸化ケイ素の体積や他の酸化物品の組成は、鉱組成によって異なります。ほんとに勉強になりました。https://omerta.jp/