火成岩の鉱物組成などについて勉強していた

火成岩などについて勉強をしました。火成岩をつくる主な鉱物のなかで、かんらん石・輝石・コーナー閃石・黒雲母はFeやMgを手広く含み、色つやがついているので有色鉱物とよばれている。これに対して、石英や長石系統はFeやMgを除き、無色または淡い色つやをしているので無色鉱物とよばれている。火成岩のインサイドの有色鉱物の占める嵩百分率を、火成岩の色つや指数といいます。塩基性岩のほうが酸性岩にくらべて色つや指数が厳しく、一般に黒っぽい色をしています。デーページは、安山岩と流紋岩の中間の適性を握り締め、島弧最初海溝系の火山でよく見られます。玄武岩や安山岩には六角形の柱状節理がよく見られます。これらの節理は、岩石が急速に冷却し、嵩が急に減少したためにできたものです。原子またはイオンが規則正しく配列して掛かる固体をクリスタルといいます。岩石をつくっておる鉱物もクリスタルだ。クリスタルは一定の物理的・化学系適性をもっている。知らないことを知れて良かったです。http://www.craftsnob.co/kireimo-counseling.html

手作りの果物シロップ・飲み物で夏季もてんで

自宅から届いたずっしりと根深い小包の中には自宅の畑で採れた野菜のほか、大きなペットボトルが一本入っていました。コーヒーかとおもうほど深いトーンをしたこれは年々夫人が見つける赤紫蘇のサワーシロップだ。深い対照はソーダや水で割るというだいぶきれいな紫がかったルビートーンになります。
こういうシロップは夫人が花粉症の僕に効くと聞いて形作り始めてくれたものです。紫蘇という酢が入ったシロップはすっきりとして心から上手く、自宅を出てからも送ってくれるように頼んでいました。
そうしてこういう手作りシロップをきっかけとして、少し前から私もシロップを取るようになりました。その時間に出回る果実でシロップに向いていそうなものを見つけると、片っ端から試しては飲んでいます。
一般的なものだとレモンや梅、また私の好きな果実だといちご、ブルーベリー、他にもだらだら作っています。失敗したということもありますが、そんな時にも捨てたりはせずに他のシロップと混ぜて飲んだりすることで意外に上手くなったりもします。テーマは果実という砂糖、砂糖は一筋で黒砂糖にしたりはちみつに変えたりして、またときどきサワーシロップにするためにりんご酢を加えることもあります。
出来上がったシロップはガラスの取り込み器に入れ、冷蔵庫に並べていますが果実のトーンがカラフルで本当に佳麗だ。夏季の暑い太陽、氷を充分入れたグラスに夫人からもらった赤紫蘇シロップって梅シロップを自己流にまるっきりミックスとしてソーダで割り、ゆっくりとくつろぐのはやけに癒される日にちだ。キレイモ 予約